開業社労士の皆様、社労士法人の業務をお手伝い頂けませんか2
社労士 井ノ上

社会保険労務士法人タスクマン合同法務事務所、提携社労士募集ページへお越し頂きありがとうございます。このページでは当社労士法人の業務をお手伝い頂く開業社労士さんを募集しています。当社労士法人と緩やかなパートナーシップ(業務提携)を組みませんか?

関心のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

業務の内容

□ 給与計算(勤怠集計・明細書作成)

主に、5~20名規模の法人の給与計算。出勤簿に基づき、勤怠集計を行い、給与計算ソフトで明細書作成を行います。当社が使用する給与計算ソフトは「セルズ」です。

労働保険・社会保険(電子申請)

給与計算に連動して、労働保険・社会保険業務を行います。「セルズ」による各種情報を用いて電子申請を行います。原則として、顧客法人で発生する全ての労働・社会保険手続きを行います。

□ 介護福祉職員処遇改善加算に関する手続き

当社の顧客の95%以上は、介護障害福祉事業の法人です。この業界には国の賃金補助制度である「介護福祉職員処遇改善加算」が適用されています。当社のお客様も加算可能な業種の場合、ほぼ100%加算取得しています。この処遇改善加算を取得するためには、計画書と実績報告の通年管理が必要となります。

雇用助成金(キャリアップ助成金など)

キャリアップ助成金を中心に助成金の申請を行います。給与計算業務を進める中で、顧客従業員の正規転換、基本給の改定など適切に管理する必要があります。その他の助成金としては、特開金(特定求職者雇用開発助成金)や雇用調整助成金などがあります。

就業規則(作成・変更)

処遇改善加算やキャリアップ助成金などの業務を進める中で、就業規則の作成変更は切り離せないものとなるため、一元的に管理する必要があります。就業規則の作成・変更も原則として電子申請で行います。

当社では業務情報の連携のために、チャットワークというアプリを使用しています。

チャットワーク導入案内3

以上の業務を中心にお手伝い頂ける開業社労士さんを募集しています。
関心のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

業務時間帯・場所(例)

業務を進めて頂く時間帯、場所については表の①~④となります。それぞれの組み合わせによる方法でも結構です。

  業務時間帯
概ね決めておく 決めない
業務場所
当社オフィス


応募者の開業オフィス(又は自宅)

 

①②(当社オフィスで業務遂行)の場合、移動のための交通費や社内設備(複合機など)費用は当社で全額負担致します。

募集要綱

1.事業体の条件

開業社会保険労務士(法人登録・個人登録の別を問いません)

→ 非社労士の方はお断り致します。

2.提携目的

・日常業務の相互サポート
・繁忙時期に自社の人員では対処できない場合の相互サポート
・苦手分野の業務が発生した場合の相互サポート

→ 上記を目的とした緩やかな提携であり、この範囲を超えた相互の責任は想定しておりません。
→ 開業直後の方で、業務経験を積む目的での提携でも結構です。
→ 当社労士法人の業務をお手伝い頂くことを想定しているため、応募者から案件紹介頂く必要はありません。

3.報酬

ご参画の方法、個別業務の内容に応じ、事前合意に基づき決定します。

4.ご応募エリア

当社オフィスでの数日の研修および連携が必要となるため、近畿2府4県の方を想定しています。

当社オフィスでの研修回数(日数)は別途協議致します。

関心のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。